土地探しのポイント「希望の土地を見つける5つの注意点」

2020年05月22日

希望の土地を見つける5つの注意点

理想の住まいを建てるために、建てたい家の条件に合った土地を選ぶことは大変重要です。今回は「希望の土地を見つける5つの注意点」についてご説明いたします。あくまでも私の考える注意点なので、これが正解というわけではありませんが参考にしてください。

1. 地盤はしっかりしていますか
一見平坦な土地でも、場所によって地盤の状態はかなり違います。軟弱な地盤だと、そのまま家を達てると重みで家が歪み、地震によって傾くという事態も考えられます。地盤については事前に調べる事も可能ですので確認してください。

2. 希望の広さで建てられますか
土地には、建ぺい率・容積率という土地の面積に対する建物が占める割合や、延床面積の割合が定められています。例えば敷地が50坪で、建ぺい率50%の場合、1階の面積は25坪までとなります。平屋で30坪の家を計画していた場合は、希望の建物は建てられません。土地は広さだけでなく、希望の家が実現できるかも確認してください。

3. 斜線制限は大丈夫ですか
住宅地には、様々斜線制限があります。道路に面する道路斜線や北面の日当たりに配慮する北側斜線遠などです。斜緯制限は敷地の端から一定の角度内に建物を収めることを義務づけてもので、道路が狭い敷地で3階建ての家を計画の場合は注意が必要です。

4. 余分な工事費用はかかりませんか
購入する土地によっては、水道やガス、下水道設備などの工事費用が発生します。また、傾斜地だと造成費や擁壁工事なども発生してくる場合もあります。内容によっては高額になるケースもありますので、土地の購入前に、住宅メーカーなどに相談したうえで購入するか検討してください。

5. 周辺環境は大丈夫ですか
土地の用途地域によっては、現在は住宅地でも将来、隣に大きなマンションが建設される事もあります。それによって日当たりが悪くなり生活しづらくなる事もありますので、用途地域や周辺の環境はしっかり調査してください。