土地探しのポイント「夜になったら?」を想像してみよう | CARDINAL HOUSE〈カーディナルハウス〉- 世界で一つ、あなただけの家

土地探しのポイント「夜になったら?」を想像してみよう

2020年06月29日

「夜になったら?」を想像してみよう

土地をお探しの時、気になる物件を見つけたら現地に足を運ぶ方は多くいらっしゃいます。自分の目で見て確かめるのは大切なことですので、必ず現地に行くことをお勧めします。

ですがその際、昼間に行かれる場合がほとんどだと思います。当然明るくなければ見えないことはたくさんありますので、まずは明るい時間帯に行くのが基本ですが、昼間見たその土地が気に入った場合にぜひやっていただきたいのが、「夜になったらどうなるか」を考えてみることです。

街頭の数や明るさ、車の交通量など、意外と夜になってみないとわからないことがあります。通勤や通学などで夜に歩かなければならない時に想像していたより道が暗かったり、大きな道路に面していて便利だけれども夜間になっても交通量が減らず音が気になったり、意外なところで「こんなはずじゃなかった」が起こり得ます。近隣の方に不審に思われない程度に、陽が落ちてから軽く土地の周りを見てみるのもいいと思います。

  • ×

また、地域性のある内容にはなってしまいますが、冬に雪が降る地域にお住まいの方は「冬になったらどうなるか」も考えて判断する必要があります。積雪量や除排雪の状況がどうなっているか、お声がけいただければ私たち営業担当が近隣の方に尋ねて調査をすることも可能ですので、土地をお探しの方はぜひ色々な角度から考えてみてください。