家づくりのポイント「必要な収納量を把握し、無駄のない家に」 | CARDINAL HOUSE〈カーディナルハウス〉- 世界で一つ、あなただけの家

家づくりのポイント「必要な収納量を把握し、無駄のない家に」

2020年08月17日

必要な収納量を把握し、無駄のない家に

最近“ミニマリスト”という言葉をよく耳にするようになりました。物の無い、もしくは見えないスッキリとした空間が好まれる傾向にあり、様々なアイディアや収納グッズが出回っています。
では、家を建てる際に気を付けておくと良い事はなんでしょう?

それは「持っている物の量と家の収納量を照らし合わせる」ことです。
もちろん、収納は多くあることに越したことはないですが、予算がある以上優先してしまうのはきっとリビング、キッチン、水廻り等の生活空間に直結する部分だと思います。

しかし、それらにばかり予算をかけて収納をないがしろにしてしまうと、そのこだわりの生活空間に物が溢れてしまう恐れがあります。
そこで意識していただきたいのが、自分の所持品を全て収納するにはどれだけの収納が必要なのか、ということです。現在住まわれているお家の収納量を目安に、足りているのか?足りていないならどのくらい溢れているのか?具体的にどのスペース(キッチン・UT・寝室etc.)で足りていないのか?を把握し、それに合わせて収納をつくると良いでしょう。

今ある家具・物をどこに置くのか、イメージしながら計画することで、理想のお家に近づけるかもしれません。