寒い冬をあたたかく過ごす!高気密高断熱ハウスメーカー! Ua値・C値など重要です! – CARDINAL HOUSE

寒い冬をあたたかく過ごす!高気密高断熱ハウスメーカー! Ua値・C値など重要です!

2021年12月08日

寒い冬でも快適!~高気密高断熱ハウスメーカーおすすめ~

近頃だんだんと寒くなって参りました。寒い冬でも暖かくおうち時間を過ごしたいですよね。
ウィズコロナ時代、年中快適に過ごせる家を求める方も増えております。
今回は寒い冬も快適に過ごしさらに家計に優しい「高気密高断熱住宅」についてご紹介いたします。

高気密住宅とは?

高気密住宅とは、家じゅうの隙間面積の少ない住宅。
建具(サッシ)や天井、壁のつなぎ目部分の隙間を非常に少なくすることで、冷房や暖房の効率をよくした住宅のことです。

一般的な住宅では、冬場すき間から外気が多く入ってきてしまい、エアコンをつけていても効率が悪く、エアコンの近くだけが暖かくなってしまいがちです。
実は約30坪の住宅の場合一般的に、家じゅうの隙間を集めるとテレビ一台分ほどの面積になると言われています。ところが土屋ホームで建築した場合は約30坪の住宅で、家じゅうの隙間を集めてもスマホ1台分程度の面積に収まります。
高気密住宅にするとエアコンの効率が良く、どの部屋でも快適な室温(夏は涼しく冬は暖かい)を保てます!

気密性能を表す数値「C値」は隙間の大きさを表します。値が少なければ少ないほど、高気密住宅といえます。
土屋ホームの平均C値は0.38※1と、省エネの基準である1.0を大幅に下回ります!
隙間風が少なく省エネな、気密性に優れた住宅の証です。

高断熱住宅とは?

高断熱住宅とは?
断熱材で住宅を覆い外の環境と室内の環境を分け、熱が伝わるのを少なくし、夏は涼しく、冬は暖かい快適な空間を作り、維持します。
外気の影響を受けにくく、年中快適な温度で過ごせるのが高断熱住宅のメリットです。

断熱性能を表す数値「UA値」は熱損失の大きさを表します。値が少なければ少ないほど、高断熱住宅といえます。
土屋ホームの注文住宅CARDINAL HOUSEは、UA値0.24※2で、関東圏の省エネ基準値0.87を大きく下回ります!非常に断熱性が高い、高品質な住宅を建築させていただいております。

土屋ホームの断熱はココが違う!

  • ×

土屋ホームの断熱はココが違う!
一般的には柱と柱の間に綿状の断熱材(グラスウール)を充填することによって、外と内の環境を分けて断熱します。しかしこの「充填断熱」では柱が熱橋となり、外気の影響を受けてしまいます。
また外と内の温度差で壁内部に結露が発生し。柱の腐れやカビの発生などの建物の劣化の原因になります。

土屋ホームでは、「外断熱」工法を平成10年より採用しています!
構造躯体を断熱材で外側から包み込む「外断熱」は、柱や断熱材の隙間から熱が逃げにくい工法です。この工法は充填断熱の1.6倍の断熱性能を実現します。
さらにZEH基準の断熱性能として、外断熱+充填断熱のダブル断熱の採用も首都圏では増えています。断熱性能が良くなることで、光熱費削減にもなり壁内結露も起きないので空気が汚れない・木材が腐りにくいメリットもあります。
高気密・高断熱の住宅は省エネ効果も高く、家じゅう快適です。
さらに、首都圏では、自社大工が直接施工を行います。設計はもちろん工事まで社内で一貫して行いますので、難しいと言われる気密工事や外断熱工法も安心してお任せください。

※1 C値とは隙間の量の多い少ないを延床面積で表す値で、数値が小さいほど気密性能に優れていることを表します。 2017年11月~2018年10月までの北海道地区(札幌・千歳・岩見沢・苫小牧)における226棟の施工棟数の気密測定平均値になります。※2従来の断熱性能を表す熱損失係数(Q値)に代わる指標が外皮平均熱貫流率(UA値)です。CARDINAL HOUSE帯広モデルのシミュレーション数値(2019年4月)。 性能スペックはW断熱、トリプルサッシ、吹き込み用グラスウール使用。

高気密高断熱住宅のハウスメーカーをお探しなら、土屋ホームへ!

  • ×

夏は涼しく、冬はあたたかく年中快適にお過ごし頂ける「高気密高断熱住宅」。最近では外断熱工法の住宅を建築するハウスメーカーも増えていますが、土屋ホームは、北海道で創業し53年目を迎える歴史と技術があります。
快適な生活を送るためにも、設計施工を社内ですべて対応している、土屋ホームに是非お任せください。

自信を持って年中快適なお家をご提供します。
オンラインでのご相談、モデルハウス見学随時受付中です!!詳しくは下記よりお問合せください。

お問合せ


    関東エリア
    世田谷支店 コンセルジュ

    今崎 秀貴
    土屋ホーム首都圏ブロック長
    世田谷支店 支店長
    エグゼクティブ・プロデューサー
    ◇お問合せ◇ 土屋ホーム世田谷支店
    TEL 03-5491-4059 FAX 03-5491-4731
    imazaki.h@tsuchiya-grp.com

    CARDINAL HOUSEのスタッフは、厳しい社内選考をパスした社員で構成されています。さらに、定期的に第三者機関による覆面調査を行うことで、接客クオリティの日々向上も心がけています。