本物をつくるー建築現場から Vol.028

2019年06月06日

本州での現場経験を生かし、総合力の向上を目指す

企業内訓練校「土屋アーキテクチュアカレッジ」を修了した大工職人による責任施工。ベテランから若手までの確実な技術の継承。土屋ホームの住まいが常に高品質な理由がここにもあります。その技術者たちに「本物づくり」にかける思いを聞きます。

一昨年には、開設して間もない東海本店が担当する三重県の現場へ。施工体制が十分に整った北海道と勝手が違って、当時は地元の関連業者との連携などにも苦労が伴ったそうですが、そのなかで臨機応変に段取りを組むことの大切を学びました。

  • フロア張りの作業にも力が入る

こうした貴重な経験を積んで、職長という新たなステージへ。棟梁は一棟の木工事をすべて任される責任ある立場。職長になったときは、それまでにないプレッシャーを感じたとのこと。同時に「今まで以上に強い責任感をもって現場に立たなければ」と、身の引き締まる思いだったと言います。

技能士にとっては命ともいえる大工道具。土屋アーキテクチュアカレッジでは入学した学生にまず、大工道具の使い方と管理の仕方を徹底して教えます。3期生の鳴海職長も、その時の教えを実践し続け二十余年。現場実習に出た頃には刃先から首まで6センチもあった愛用の鑿も、今では5ミリほどの長さに。

棟梁となって臨んだ最初の現場では、訓練校を卒業して2年目の新米技能士の指導も経験しました。「自分はしゃべりが不得意なので」と控えめに語る佐藤職長。言葉で説明できない技術の伝授に少なからず苦労したようですが、「現場を訪れるお客さまに的確に説明できる力を身につけたい」とも。

  • こちら札幌市内の現場を担当する2班4人の技能士ー左から小山職長、佐藤職長、平吹敏詞職長、浅沼幸樹技能士

現在の目標は、施工のスピードアップを図るなど総合的な力を向上させて、周囲から信頼される職長になることです。「後輩への面倒見もいいし、先輩に対しても礼儀正しい」というのが、周囲から聞こえてくる佐藤職長の評。職長としてのさらなる成長と飛躍が期待されています。

佐藤直哉 職長(棟梁)
北海道札幌市出身/企業内訓練校・土屋アーキテクチュアカレッジ13期生。建築関係の仕事に携わる父親の影響で幼いころから大工仕事に興味を持ち、高校卒業後はカレッジへ。土屋ホーム入社後は札幌圏の現場を担当するが毎年、長野県や宮城県など本州の現場に出張、北海道以外の地での施工経験も多い。昨年の夏に職長(棟梁)に昇格した。

土屋グループの技能集団・アーキテクノの技能士は、施主のお客さまに喜んでいただきたいという思いを胸に毎日、現場に立っています。 ですから施主さまには、いつでも施工現場に足を運んで、マイホームが完成するまでの工程をご覧いただきたいと考えています。