土屋ホームとは – CARDINAL HOUSE

土屋ホームとは

土屋ホームは北海道を拠点に52年、「永く快適に住み続けられる住まい」 を実現するため、日々試行錯誤しながら商品・サービスを向上させ、お客様にお届けしてきました。 お客さまに安心・信頼して家を購入して頂くため、以下の3つを大切にしています。

ミッション

企業使命感

土屋ホーム

土屋グループは、住宅産業を通じて
お客様・社会・会社の「三つの人の公」のために
物質的・精神的・健康的な
「豊かさの人生を創造する」ことを
企業使命感としております。
シンボルマークはその「三つの人」と「公」を象徴し、
シンボルカラーの「紅」は、
積極果敢な行動力と情熱を現しております。

ごあいさつ

使命感を再認識し、
地域社会の発展に貢献を。

山川 浩司
株式会社土屋ホーム
代表取締役社長
山川 浩司

平成30年度より新しく社長を仰せつかりました。 まず再認識したいのが、弊社の紅のシンボルマークに象徴される「三つの人の公」お客さま、社会、会社のために「豊かさの人生を創造する」という使命感です。それはすなわち、社員全員が個人、家庭、会社に確たる目標を持って仕事に取り組んでいくことでもあります。
会社の体制といたしましては北海道、東北、関東、東海・関西の4住宅事業部に、リズナス事業部、特建事業部、生産・技術事業部を加えた7事業部体制を確立し、各事業部においてお客さまのニーズにお応えしてまいります。後発の関西におきましては昨年、ようやく常設のモデルハウスが完成し、次なる中・四国、九州への橋頭堡 となればと存じております。

豊かさの人生の創造とは、地域社会の発展に「住」を通じて貢献することであり、それぞれの地域におきまして、もっともっとシンボルマークを増やしていかなければなりません。
今後とも皆さま方にはさらなるご指導ご鞭撻をお願いいたします。

会社概要

令和4年2月1日現在

商 号 株式会社土屋ホーム
本 社 北海道札幌市北区北9条西3丁目7番地
土屋ホーム札幌北九条ビル
TEL (011)717-3333
代表者 代表取締役社長 山川浩司
設 立 2017年10月13日
決算期 10月末日
資本金 1億円
従業員 541名(2021年10月31日現在)
事業内容 注文住宅の設計施工、アパート・マンション・ビルの建築、インテリア・エクステリアの設計施工
登録資格
  • 特定建設業国土交通大臣許可(特-29)
    第26926号
  • 宅地建物取引業国土交通大臣(1)
    第9283号
  • 一級建築士事務所北海道知事登録(石)
    第1901号
加入団体
  • 一般社団法人 日本木造住宅産業協会
  • 一般社団法人 北海道住宅都市開発協会
  • 公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会
  • 公益社団法人 北海道宅地建物取引業協会
  • 公益社団法人 青森県宅地建物取引業協会
  • 公益社団法人 秋田県宅地建物取引業協会
  • 公益社団法人 宮城県宅地建物取引業協会
  • 公益社団法人 東京都宅地建物取引業協会
  • 公益社団法人 埼玉県宅地建物取引業協会
  • 公益社団法人 栃木県宅地建物取引業協会
  • 公益社団法人 富山県宅地建物取引業協会
  • 一般社団法人 群馬県宅地建物取引業協会
  • 一般社団法人 北海道不動産公正取引協議会
  • 公益社団法人 首都圏不動産公正取引協議会
  • 東北地区不動産公正取引協議会
グループ企業
  • 株式会社土屋ホールディングス
  • 株式会社土屋ホームトピア
  • 株式会社土屋ホーム不動産

役員

令和3年11月1日現在

代表取締役
社長
山川浩司
専務取締役
山口康成
北海道住宅事業部長 兼 特建事業部長
常務取締役
中田和仁
技術本部長
常務取締役
内田章
東日本住宅事業部長
取締役
星英也
技術研究所担当
取締役
土屋善浩
管理本部長 兼 総合企画部長
取締役
中本和利
CSソリューション部長
取締役
布施毅彦
首都圏住宅事業部長
取締役
土屋昌三
株式会社土屋ホールディングス
代表取締役社長
執行役員
相馬孝至
札幌住宅事業部長
執行役員
後藤直樹
札幌住宅事業部長
執行役員
村本嘉幸
技術本部 設計部長
監査役
大吉智浩
株式会社土屋ホールディングス
代表取締役副社長

組織図

令和3年11月1日時点

役員

ギャラリー

  • 土屋ホームCMソング(フルバージョン)

    おなじみの土屋ホームCMソングです。
    モデルハウスの画像と一緒にお楽しみください。

  • 外断熱JBES-T構法[イーネ]

    e:neで変わる、ゆとり・景色・安心!・・・住まい方・暮らし方・・・。
    土屋ホームの新商品e:ne(イーネ!)のプロモーションビデオです。
    J-耐震開口フレームを採用することで、大空間や超ワイドスパンの窓を実現できます。

  • 土屋ホームと土屋ツーバイホームは一つになりました(2012年11月)

    2012年11月、土屋ホームと土屋ツーバイホームは一つになりました。
    新生土屋ホームはこれまでどおり地域に密着したサービスやアフターをご提供することはもちろんこれまで以上にお客様のお役に立つ住宅メーカーとして新たにスタートいたします。