旭川モデルハウス

2019年09月18日

景観に溶け込む配色と形状に変化をもたせたTAILOR MADE HOUSE

内観、外観ともに北彩地区の景観に溶け込み調和する色彩と外観に変化を持たせ、コーディネートされたエレガントな室内空間が設計力の高さを伺わせるTAILOR MADE HOUSE。
暮らしやすさにもちろん配慮し、外部から操作が可能なIOTシステム、性能面ではダブル断熱・トリプルサッシを採用。機能性とデザイン性の融合を実現したモデルハウスです。

平面図

【3LDK】1F/133.32㎡(40.24坪)、2F/58.38㎡(17.62坪)、延床面積/191.70㎡(57.87坪)

Feature

会場

北海道旭川市宮前区1条2丁目8
北海道マイホームセンター旭川北彩都会場内

北海道エリア 札幌本店
長野 孝浩 アーキテクト
北海道苫小牧市出身/1月11日生まれ。1999年土屋ホーム入社、苫小牧・室蘭・札幌・東京(世田谷)の各支店を経て現在に至る。
学歴/武蔵野美術大学卒(造形学士)
資格/一級建築士、一級建築施工管理技士、インテリアプランナー、インテリアコーディネーター、ファイナンシャルプランナー、福祉住環境コーディネーター、応急危険度判定士、ユニーバーサルマナー検定、気密測定技能者、BIS(ビルディング・インシュレーション・スペシャリスト)、宅地建物取引士
趣味/アコースティックギター、作詞・作曲、渓流釣

CARDINAL HOUSEのデザインは、1邸1邸異なるオーダーメイド。土屋ホームの誇る厳選されたアーキテクトが、お客様のご要望を叶えるプランニングとデザインをご提供します。具体的なご要望も、抽象的なイメージも、全て受けとめて醸成されたデザインをご提示します。