宇都宮西モデルハウス 見どころ紹介! – CARDINAL HOUSE

宇都宮西モデルハウス 見どころ紹介!

2022年07月03日

UCHI+NIWA ~家族のつながりを大切に創り上げる~

庭とは・・・古くは家屋の前後にある空地、転じて祭祀(さいし)の行われる場をさした。いまでは築山ないしは植え込みを設けて観賞の目的とする空間の呼称となっている。

 農家では、入口の土間の部分をニワという。ドマあるいはウスニワ、ドジ、トオリなどとよぶこともある。一種の作業場でもあり居住部分からの延長として、一部を板張りとし、炊事場や食事場とするイタニワとよぶこともあり、いろりを配置することもある。 主屋の前の空き地もニワとかソトニワ、ホシニワなどと称し、屋内のウチニワと区別してよぶこともある。

当たり前のようにある庭はそこに住む人の生活の中でどれだけの存在意義があるのか

今では家と庭は必ずしも有意義に結びついているとは言えないのではないでしょうか

コロナ禍の今、外出自粛で家にいる時間が多くなり青空の下で出来る事に期待をふくらませ
すべてが終息する事を待ちわびる日々を過ごしているのではないでしょうか

UCHI+NIWAは建築的に庭を造ることにより生活の中に庭を取り入れる新たな住空間提案となる。

例えば・・・
・ゲストを迎え入れるためのドマニワ(エントランス)
・ガラスに囲まれてソトニワを感じる事が出来るドマニワ(リビング)
・家の中にいるようにつかうウチニワ

内部は外部へ、外部は内部へとボーダーを無くしていく事で出来上がる新たな空間。

UCHI+NIWAは家+庭=家庭=家族のつながりを大切に創り上げる


facade

  • ×

タテに伸びる白い壁とヨコに伸びる大きな庇が印象的なデザインの外観
庇とテラスに囲まれたガラス張りのリビング空間は内部と外部の連続性を感じる
相対して正面の大きな白い壁は内部空間を遮断し、内部ではリズミカルなスキップ空間を構成する
タテとヨコ、見えると見えないのバランスをデザインした外観


ドマニワ(エントランス)

  • ×

ゲストを迎え入れる玄関土間空間

ラウンドした壁には地元素材である大谷石を張り奥に流れるように招き入れる。
広いドマはちょっとした来客対応や雨の日の子供たちの遊び場として生活に直結する空間として利用できる


ウチニワ

  • ×

内部空間とつながり
家の中にいるようにつかう

壁や天井で囲まれていながら
外部空間として存在する
ウチニワ空間

プライベートを確保して
外でしかできない体験を
可能にする。

キッチンスペースとの
つながりをもたせ
時には外で食事をするは
いかがでしょうか

家族でゆっくり
ゲストと楽しく

休日を楽しむ事が出来る空間


ソトニワ

  • ×

本来の意味での庭
内部との緩衝空間

ソトニワとウチニワを挟んで内部空間として存在するリビングスペース。
ガラスに囲まれてそれぞれの空間をつなげすべてのニワで過ごす時間を共有する空間となる



▼ 実際にご覧いただき空間づかいを参考になさってみてはいかがでしょうか

INFORMATION

会場 【宇都宮市】CRTハウジング宇都宮西展示場
住所 栃木県宇都宮市細谷町753-3 展示場内 No.6
TEL 土屋ホーム 宇都宮支店 0120-484-228
申込み ご見学の際はこちらのサイトよりお申し込みください。【お問合せ内容】の欄に、ご希望の来場日時をご入力いただけますと幸いです。

MAP

お問い合わせ

    お名前

    フリガナ






    土屋ホーム 宇都宮支店

    栃木県宇都宮市宿郷2丁目6-16 石崎ビル2F

    028-610-1800