お客様事例のご紹介・秋田県三種町 I様邸

2019年08月07日

階段2ヵ所、中2階も2部屋、家族と友人が集える場所多く

個室には2・5層目のフロア
寒冷な北海道で進化し続けている土屋ホームの家は、高性能の外断熱住宅ということで本州のお客さまにも知られています。中2階などを多目的に利用できる多重層の家「ワンモア」の魅力も、多くの方々にご理解いただけるようになりました。秋田県にお住まいの伊藤さんも、住宅性能の高さに加えてワンモアの造りが気に入り、当社に新居をご用命くださいました。昨年の初冬に完成したのは、2か所に設けた階段のどちらにも“もう1部屋”の中2階があるマイホーム。高校生の2人のお子さまが友人を招いたときに、リビングルームを通らなくても直接、個室のある2階へあがっていけるようにと工夫した結果です。

玄関に近い階段は、大きなガラス窓越しにウッドデッキのある坪庭スペースを望めるオープン式。ここを上がってホールから右手の洋室に入ったところに、収納として利用できるワンモアを設けました。もう一方の階段は、水周りを結ぶ廊下状のホールの突き当たりに。こちらの中2階はご主人の隠れ部屋。テレビを見たりして1人の時間を楽しむ空間です。

造りがしっかりしている家だと実感したのは、新築の約1年後に発生した東日本大震災のとき。栃木県北部ではその日、震度5弱の揺れを観測。近隣では壁や屋根が損傷した家もありましたが、こちらのお宅では玄関の土間収納に置いてあったワインの瓶が1本だけ棚から落ちた以外は、これという被害がなかったそうです。耐震性だけでなく、北海道発の住宅ならではの暖かさも。ご夫婦がマイホーム新築を当社にと決めたのは、初めてモデルハウスにお越しいただいたとき、玄関に入った瞬間から他社との違いを体感されたからでした。外断熱の家は、住宅内どこにいても暖かいー「温度のバリアフリー」の快適さも、今ではもう当たり前のことになりました。

2階のお子さまたちの個室にはそれぞれ、ロフトのような感覚で利用できる2・5層目のフロアも。「友達と楽しい時間を過ごしてほしい」というご両親の思いが込められており、どちらの部屋にもたくさんの友人訪問が。

アイランド式キッチンも重宝

2階だけでなく、友人・知人の皆さんと集まって楽しく過ごせる場所がたくさんあります。まず1階のリビングルーム。ここは隣のダイニングやキッチンよりも床を45cm下げてありますが、全部合わせると30帖近い広さ。リビングルームとテラスの間にある琉球畳を敷いた3帖の空間は、横になったりできる場所です。

キッチンをアイランド式にしたのもご夫婦のこだわりの1つ。お2人一緒に料理をするときに作業がしやすいだけでなく、ここも皆さんが集まる場所にしたいと考えたのです。背後にあるホールと食器棚を設けてありますが、この配置の使い勝手がとてもよいそうです。

広々として使いやすいのは、ユーティリティーを中心とする水周りも同様です。浴室は、大きな窓越しに坪庭が望めてとても開放的。坪庭の内部はこれから整備する予定だそうで、完成すれば、玉砂利の飛石や植木を配置した和風の庭がお目見えします。

Iさんが特に気に入ってるのが、堂々とした風格が感じられる玄関。土間に立つと、格子戸の向こう側2間続きの和室と洋室が広がります。「想像していたよりも広くて、外から入ったときの感覚がいいですね」と大満足のご様子。秋田県でも海に近い当地は、積雪期には強い風が吹きつけます。玄関に一歩入ったときの感覚の良さには、ほんわりとした暖かさも加わっていることでしょう。

”デザイン性高く、暖かく、時間をかけた打ち合わせ”

新居に対する明確なイメージをお持ちで、最初に「デザイン性が高く暖かい家」というご要望を伺いました。「大満足の家」とのことばを頂戴したのも、じっくり時間をかけてご納得いただくまでプランを練り上げた結果だと思います。
担当:堀谷 淳

東北エリア
秋田支店 コンセルジュ

堀谷 淳
秋田支店・支店長


◇お問合せ◇
土屋ホーム 秋田支店
秋田県秋田市御所野地蔵田2丁目2-9
フリーダイヤル0120-304-300

CARDINAL HOUSEのスタッフは、厳しい社内選考をパスした社員で構成されています。さらに、定期的に第三者機関による覆面調査を行うことで、接客クオリティの日々向上も心がけています。