デザインと機能が共存する、上質にこだわる大人の住まい | CARDINAL HOUSE〈カーディナルハウス〉- 世界で一つ、あなただけの家

デザインと機能が共存する、上質にこだわる大人の住まい

2020年07月13日

「いつかは自分のお家を」と考えている方に「見て」・「触れて」・「感じて」 ほしいのが、発寒にある土屋ホーム「LIZNAS 体験型モデルハウス」です。

発寒モデルハウスは、モノトーンを基調としたシンプルかつモダンなインテリアが特徴です。
今回は、シンプルながらも細部にこだわったスタイリッシュなデザインと、土屋ホームが誇る住宅性能とを両立する発寒モデルハウスの魅力をご紹介します。

日常を「非日常」にシフトするホテルライクなデザイン

  • ×

発寒モデルハウスの魅力は、何といっても「非日常感」です。
「ホテルライク」をコンセプトとしたシンプルでモダンなデザインが、まるで海外の映画やドラマに出てくるような憧れの暮らしを叶えてくれます。
玄関のドアを開けてまず目に飛び込んでくるのは、広々としたエントランスです。
これだけオシャレな玄関だと、急な来客があっても自信を持って迎え入れることができますね。
リビングやキッチンなどの主な生活スペースは2階にあるため1階は寝室がメインですが、光や空気の循環を遮らないオープン階段と大きな窓、エントランスから2階までの吹き抜けによって太陽の光が降り注ぎ、家全体がとても明るく感じられるのも大きなポイントです。
また、エントランスはシンプルで洗練されたデザインなので、お気に入りの物をディスプレイするのもおすすめです。
絵画や写真などはもちろん、パパの自転車やママのガーデニングなど家族の趣味のグッズを飾るのも素敵ですね。

どこから見ても映えるハイセンスな暮らし

  • ×

発寒モデルハウスの内装デザインは、細部までこだわりが感じられます。
洗面台やお風呂、トイレなど隅々までがスタイリッシュで「どこを見ても絵になる家」です。
真っ白な空間の中に、アクセントクロスやアイアンの手すりのアクセントカラーによってメリハリを利かせたハイセンスなリビングだと、家事のモチベーションもアップしそうです。
インテリアはモノトーンでコーディネートされているため家具の色を選ばず、観葉植物などのグリーンがよく映えます。
また、各部屋のドアには天井の高さまであるトレンドのハイドアを採用しているので、空間をスッキリとオシャレに見せてくれます。
生活感が出にくいシンプルな美しさは、スマートでスタイリッシュな暮らしや必要以上に物を持たないミニマルな生活を送りたい方にもおすすめです。

オシャレなだけじゃない!機能性を両立する上質な住まい

  • ×

「スタイリッシュな家って、住み心地は二の次なのでは?」と思っていませんか?
発寒モデルハウスは、オシャレな見た目だけでなく機能性も抜群です。
例えば、広いエントランスの一角に備えられた大容量のシューズクロークは、棚板の高さを自由に変えられるので、アウトドアスポーツやペットのお散歩グッズなどの収納にも最適です。
また、右側の棚は外から見えにくく、いざという時の防災グッズや宅配サービスの箱などをしまっておくこともできます。
下段にあるブーツキーパーで冬場のブーツの型崩れを防げるのも、女性にはうれしいですよね。

ほかにも、発寒モデルハウスの全室に採用されている大理石調のフローリングは、重厚感のあるシックな見た目ですが、表面の汚れをさっと拭き取ることができてお手入れがしやすく、鏡面仕上げなのでワックスがけの必要がありません。
しかも、土屋ホームが誇る「高気密・高断熱」の性能によって、冬でも家全体が足元まで暖かくて快適です。
床下の基礎部分から家全体をしっかりと断熱し、熱を逃さない魔法瓶のような構造とトリプルサッシの窓で外気に左右されない断熱性を保っているため、夏はひんやりと涼しく冬はぽかぽかに過ごすことができます。
オシャレなデザイン性と高い機能性を合わせ持つ発寒モデルハウスの快適さを、一度体験してみてはいかがでしょうか?

発寒モデルハウスに行ってみよう!

  • ×

土屋ホームのモデルハウスには、今回ご紹介したほかにも注目してほしいポイントがたくさんあります。
さらに「LIZNAS」は、「価値ある家を、お手頃に。」というコンセプトのもとに誕生した高品質でリーズナブルな土屋ホームの企画住宅となっています。
「いつかお家を建てたい」という方は、ぜひ一度体験型モデルハウスを見て・ 触れて・感じてみてはいかがでしょうか?
ご予約の詳細は以下の URL よりご確認ください!(要予約)
https://www.liznas.jp/lodge/hassamu_simplemodern/


[モデルハウス情報]
発寒体験型モデルハウス
札幌市西区発寒6条13丁目13番12号
(取材・撮影・構成/ママサポートスタッフ)