札幌豊平モデルハウス

2019年05月31日

日本人の奥底に潜む美意識を 内に外にしつらえます。

日本の伝統美が醸し出すほどよい緊張感と、洗練されたモダン感覚が融合。5層構造で暮らしを広げる快適性と、和の個性が活きるリズ・ジャパニーズモダンの魅力が余すところなく映し出されています。

ファサード

櫛引の水平ラインが美しい白の塗り壁と、黒の石積による色彩のコントラストが、モダンなフォルムを際立たせます。

家族が自由に出入りできる「間」

昼はトップライトからの光で、夜は陰影が美しい「灯り」で癒される和モダンな空間です。ダイニング部分に設えた4本の梁が古い日本家屋の燻された梁のように安定感を醸し出します。格子のカウンター、吹き抜け上部の丸窓など細部にまで和のデザイン。

テラスへとつながるダイニングキッチン

オープンスタイルのキッチンは、「清潔」という言葉以外は当てはまらないほどの潔さ。ダイニングを挟んで広々としたテラスへとつながる構成で開放感をプラスしています。ここにもダウンライトや間接照明での光の演出を。

自然素材を使ったくつろぎの和空間

遊び心のある和室をご希望。床、天井、座卓の曲線は、止まることのない無限の時空を表現した川とミルキーウェイ。床面は敢えて畳を使用せず、黒のバンブーを素材に構成。ロマンティックなストーリーをコンセプトとしました。

北海道エリア 札幌本店
長野 孝浩 アーキテクト
北海道苫小牧市出身/1月11日生まれ。1999年土屋ホーム入社、苫小牧・室蘭・札幌・東京(世田谷)の各支店を経て現在に至る。
学歴/武蔵野美術大学卒(造形学士)
資格/一級建築士、一級建築施工管理技士、インテリアプランナー、インテリアコーディネーター、ファイナンシャルプランナー、福祉住環境コーディネーター、応急危険度判定士、ユニーバーサルマナー検定、気密測定技能者、BIS(ビルディング・インシュレーション・スペシャリスト)、宅地建物取引士
趣味/アコースティックギター、作詞・作曲、渓流釣

CARDINAL HOUSEのデザインは、1邸1邸異なるオーダーメイド。土屋ホームの誇る厳選されたアーキテクトが、お客様のご要望を叶えるプランニングとデザインをご提供します。具体的なご要望も、抽象的なイメージも、全て受けとめて醸成されたデザインをご提示します。