次世代住宅ポイント制度、商品交換申込が10月より始まりました。

2019年10月13日

次世代住宅ポイント制度、新築は最大35万円、リフォームは最大30万円相当の商品と交換できるポイントを発行いたします

次世代住宅ポイント制度とは、消費税率が10%が適用されるマイホームを新築またはリフォームした方で、一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能等を満たす住宅や家事負担の軽減に資する住宅の新築やリフォームをされた方に対し、さまざまな商品と交換できるポイントを発行する制度です。
土屋ホームはマイホーム新築が主なので、新築住宅の次世代ポイント制度をご紹介します。

対象となるのは、消費税10%で請負契約を行い新築したマイホーム

対象となるのは、消費税10%で請負契約を行い新築したマイホームや、建売・分譲住宅の購入者で、一定の省エネ性能や耐震性能、家事負担軽減に資する設備を設置した住宅購入者が対象になります。もちろんリフォームも対象です。
土屋ホームで現在新築しているお客様は対象になりますので、担当営業に確認してください。

今回のポイント制度が受けられる住宅は、2019年(平成31年)4月1日から2020年(令和2年)3月31日までに締結された工事請負契約で新築されたマイホームで、2020年(令和2年)3月31日までに着工する物件が対象です。
また、2019年(令和元年)10月 1 日以降に引渡しを行う消費税10%の物件が対象となります。


マイホーム新築の発行ポイント数の上限350,000ポイント

  • ×

新築1戸あたりの発行ポイント上限は350,000ポイントで、建物の性能によって変わります。
一定の性能を有する住宅 (省エネ・劣化等級・耐震等級)で300,000ポイント、長期優良住宅や低炭素住宅、ZEHなどは350,000ポイントになります。
長期優良住宅は、350,000ポイントになりますので、計画するなら長期優良住宅ですね。

次世代住宅ポイント発行申請は2020年(令和2年)3月31日まで!

ポイント発行申請は、原則、工事完了後に行います。ただし、「注文住宅の新築」、「新築分譲住宅の購入」、「リフォーム(1,000 万円以上(税込)の工事に限る)」については、工事完了前であっても、申請に必要な書類が整い次第、ポイント発行申請を行うことができます。
ポイント発行申請期間 : 2019年(令和元年)6月3日~2020年(令和2年)3月31日(予定)

次世代住宅ポイントは、申請タイプごとに対象要件が異なります。​また、申請するタイミングによっても手続きが異なりますので、詳しくは​​土屋ホーム営業担当にお気軽にお問合せ下さい。

ポイント交換 :次世代住宅ポイントは様々な商品に交換できます。

商品交換の申込みは、インターネットまたは郵送により行うことができます。
インターネットからは、申込み上のミスなどが起きにくく、商品の到着も早くなりますので可能な限り、インターネットでの申込みをお勧めします。
交換できる商品リストは、次世代住宅ポイント事務局のホームページで確認してください。
次世代住宅ポイント事務局HP

次世代住宅ポイント制度のお問合せ・ご相談

次世代住宅ポイント制度については、土屋ホーム担当者にお気軽にお問合せ下さい。申請の手続きや発行ポイントなどをご説明させていただきます。

お問い合わせ
送付先・ご連絡先を入力してください




関東エリア
千葉支店 コンセルジュ

今崎秀貴

CARDINAL HOUSEのスタッフは、厳しい社内選考をパスした社員で構成されています。さらに、定期的に第三者機関による覆面調査を行うことで、接客クオリティの日々向上も心がけています。