整理整頓を学ぼう!見せる収納で開放的な子ども部屋

2020年03月25日

「いつかは自分のお家を」と考えている方に「見て」・「触れて」・「感じて」ほしいのが、真駒内にある土屋ホーム「LIZNAS体験型モデルハウス」です。

土屋ホームでは創業以来、1年を通して快適な室内環境にするため、高気密高断熱住宅の普及に取り組んできました。家を買うときは子ども部屋の場所や広さ、使い勝手のよさはとても気になるところですよね。
今回紹介する真駒内シンプルモデルの子ども部屋はリビングから開放的な吹き抜けで繋がっており、子ども部屋の奥までしっかり日差しが届くようになっています。吹き抜けを通じて、親と子がいつもお互い目の届く場所にいられるため、安心感を与えてくれます。
また、子ども部屋のクローゼットには扉がないので、家具や物を配置するときなど、扉の位置に縛られることなく、好きなようにレイアウトできる自由度の高い作りもポイントです。
今回は使い勝手がよくシンプルな作りが魅力の、真駒内シンプルモデルハウスを紹介します。

クローゼットの扉をなくしたことで作られた開放的な子ども部屋

  • ×

子ども部屋は、子どもが幼児期から思春期を終えるまでの長い時間を過ごす大切な場所です。
子育て真っ最中の親としては、いかに楽しく快適に過ごしてもらえるかということは、住宅選びをするうえでとても重要なことですよね。
この真駒内シンプルモデルの子ども部屋は、収納部分除いて5.2畳、収納部分まで含めるとちょうど6畳になる広さです。
勉強机やベッド、棚などを配置すると、子ども部屋として理想的な広さとなり、ゆったりと過ごすことができるように作られています。
そして、特に注目する点はクローゼットの扉がないことです。
扉がないことで圧迫感がなくなり、かつ天井も高めに作られていることにより広々と開放的に感じます。
また、湿気やほこりもたまりにくく、衛生的で掃除がしやすいというのも嬉しいポイントです。
子ども部屋を出ると、すぐ下にあるリビングを見渡すことができます。
常に家族の存在を感じられることや、コミュニケーションが取れることは子どもにとっても安らぎを、そして親にとっても目の届くところにいるという安心感を与えてくれます。

収納が見えることで自然と身についていく整理整頓

  • ×

子ども部屋のクローゼットに扉がないことで、部屋を使う子ども自身が整理整頓について考え、学んでいけるという利点をもたらしてくれます。
次の日の準備が整ったランドセルはここに、絵の具や習字道具はここに置いておけば忘れないというように、自分にとってどう配置すれば使いやすいのかを考える力が自然と身につきます。
幼いころから自己管理能力を養うことはとても大切な事です。
自分の部屋で自発的にそれを学ぶことができたら、親としてこんなに嬉しいことはないですよね。
また、クローゼットのなかの壁紙もとってもオシャレで、北欧を感じさせる優しい色づかいが、ゆとりのある空間を演出してくれます。

子どもの成長や用途にあわせたレイアウトに変えていける自由性

  • ×

子どもが成長する過程で必要になるものは、年齢によって次々と変化していきます。
小学生のときはランドセルや教科書、習字道具や絵の具などの勉強道具を収納します。中学生になると、多くの子どもが色々なことに興味を持ちはじめ、スポーツや趣味など夢中になれるものを見つける時期を迎えます。そうすると自分の部屋に置く物もさらに増えることでしょう。
そんな時自分だけの空間をどう使い、快適に過ごすことができるかを考えることに慣れていると、自然とその年齢や状況に合ったレイアウトを自ら作ることができます。
そして子どもが巣立ち、夫婦2人になった時にはそれぞれの趣味の部屋にしてもよし、客間にしてもよし、長い目で見ても使い勝手がいい広さと作りの理想的な部屋となっています。

さあ、モデルハウスへ行ってみよう!

  • ×

土屋ホームのモデルハウスは今回ご紹介したポイントの他にも注目してほしい点がたくさんあります。さらに「LIZNAS」は「価値ある家を、お手頃に。」というコンセプトのもと誕生した、高品質でリーズナブルな企画住宅となっています。
「いつかお家を建てたい」という方は、是非一度体験型モデルハウスを見て・触れて・感じてみてはいかがでしょうか?
ご予約の詳細は以下のURLよりご確認ください!(要予約)
https://www.liznas.jp/lodge/makomanai_simple/

【モデルハウス情報】
真駒内シンプルモデル
札幌市南区真駒内曙町3丁目11番6-2号

(取材・撮影・構成/ママサポートスタッフ)